FC2ブログ
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


huntuo
↑ランキングです。いつもクリックありがとうございます


No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  受験破戒録カイジ  2006.02.20.Mon / 17:57 
基本的に昔書いたように、予備校にあまり行かなかったり、勉強しなかったりで受験の記憶はあまり残っていないのですが、今行っている大学の受験は色々あったので何となく記憶に残っています。

一次試験を通り、二次試験を受けるときのことを特に鮮明に覚えています。

二次試験では性格分析・小論文・面接の試験があります。

まず性格分析では、紙に書かれた色々な質問に1問数秒で答えマークシートに記入していきます。
同じ質問などがたくさん出る上に素早く答えないと時間がなくなるため、自分の性格を偽ることは出来ないようになっています。

基本的にこれは面接の参考にするものであって合否には関係しないということになっているのですが所々に




「私は常に正しい」 ①はい ②いいえ ③どちらともいえない


「いつも誰かが監視している」 ①はい ②いいえ ③どちらともいえない




など地雷としか思えない質問があるので注意深くこなす必要があります。

まあそんなテストが始まってもの凄いスピードで解いていました。


そして時間も終了ギリギリで、最後の最後の方の質問を解いているその瞬間だった!







                !!!!







   /::://:::! /-=、 ,// u / _,,.-ゝ. 「ヽ l    ! , l 不自然に一つだけあまった解答欄
  /::_;イ-‐=レ'==ミ"   '∠-==ヽl=ヽlヽ  レ'レV
/::::::::..、   o   ,≡:::::::〈、  o   ,  :|│ リ '   狙ったように終了する試験時間
::::::::::::::::: ` ー--‐ '´三 :::::::::ヽ`::ー-‐:'.´   |│ l
:::::::::::::::    ニニ  ::::::::::::::ヽ::::::::: U  |│ !     この二つの符号が意味するものは
:::::::::::::::U  ̄ ̄   U::::::::::::::::ヽ::: u   |│ .l
::::::::::::::::   U    r‐:::::::::::::::::::::ヽ.    Lノ  |         ひとつ……!







終わった・・・完全に終わりを告げたよ母さん・・・

マジで全身から血の気が引きました。
どこからずれたのか知りませんが、何にしろ終わりました。
上のような地雷問題も恐らくピンポイントで踏みまくったでしょう。



泣きそうになりながら小論文をこなし、最後の面接に突入しました。

このあたりではもう開き直っていて、どうせだからベストを尽くそうと気持ちを入れ替え面接に臨みました。


僕には面接の秘策がありました。


父親が医者をしているのですが、その父が前日こう言っていました。


「大学では基礎医学に行く人が少ない。
だから将来はどんな医者になりたいかと訊かれたら
『薬理学をやりたいです』と言っておけば完璧だ。」



俺「OKダディ!!」



医学には基礎医学と臨床医学があり、基礎医学とは微生物学とか生理学とか直接に患者さんは診ない医学です(兼任してる人は沢山いますが)。
多くの人は臨床に進むので、基礎医学へ行く人は少なく貴重だと父は言うのです。


そして面接が始まりました。


俺「失礼します」

面接官(4人)「どうぞおかけ下さい」



~中略~


面接官「それでは将来どのような医者になりたいですか?」



きた。来たよ父さんついに来た。言うよ、俺言っちゃうよ。



「薬理学をしたいと考えております」


言った!勝った、勝ったよ父さん!



面接官「ほう!それは何故ですか?」




俺「( ゚Д゚)・・・・・?」





『あのすいません薬理学って何なんですか?』





と言いかけたのを飲み込みました。

アホな僕は何も考えていませんでした。
薬理学がなんなのかも知りませんでした。
完全に頭が真っ白になり


俺「う・・・うあ・・・その・・・なんとなく」


とか小学生並みの返答をしてしまいました。
その後も

面接官「なぜこの大学を選んだのですか?」

俺「この大学は日本をリードする(以下略」

面接官「それならば他の大学でもいいのではないですか?」

俺「あう・・・」

面接官「他に理由はないのですか?」

俺「この大学は~科が優れていると聞きましたので・・・」

面接官「その科にいく気はあるのですか?」

俺「・・・」



とにかくその後もいじめられました。
大して用意もしてなかったからもうメチャクチャでした。
僕は不合格を確信しました。



しかし蓋を開ければ、何故か受かっていました。
あんまり関係ないみたいですね面接とかは。
他の大学では面接が非常にうまく言ったのに落ちましたし。


とにかくあれ以来父の言うことはとりあえず疑うようにしています。
スポンサーサイト


huntuo
↑ランキングです。いつもクリックありがとうございます


No.219 / ①爆笑日記(オススメ) /  comments(0)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY
 脳がフリーズする、「えーっと」の連発や「あれだよ、アレ」。この先、平均寿命まで生きると仮定すると今から10年後さえ、自分がどうなっているのか不安になりました。とにかく、できることは生活の中にいくらでもあるということです。 私も朝起きるとパソコンの電源を
2007.10.06.Sat .No18 / 基礎医学をたくさん集めました / PAGE TOP△

カウンター

英語ランキングサイト

blogranking

air

huntuo

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ひろさと

  • Author:ひろさと
  • 英語学習者です。英英辞書を丸暗記した体験をリポートして皆さんのお役に立てたらいいなと思っています。

勉強時間

ブロとも申請フォーム

オススメの本

神懸かって最強。目から鱗落下しまくり。英文の骨格が理解できます

この本に関する記事



英語リーディング教本―基本からわかる
英語リーディング教本―基本からわかる

ブログ内検索

My Blog List

★★星のシャワー★★

★
HeroRisa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
CopyRight 2006 英単語10万語暗記への挑戦記 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。